多くの企業には、限られた人材を効率的に運用し、コロナ渦で必要な非接触サービスを実施するための施策が求められています。

そこで複合現実(MR)による遠隔サポートが一つのソリューションとなります。

しかし「複合現実(MR)による遠隔サポートについて聞いたことはあるが、活用事例がイメージできない」、「自社サービスにどう役立つかわからない」と思われるかもしれません。今回は実際に活用されている遠隔サポートアプリ、「ヘルプライトニング(Help Lightning)」の活用事例20選を紹介するので参考にしてください。

世界中で導入が進む複合現実(MR)による遠隔サポートの現状をチェックしてみましょう。

 

最新の遠隔サポートアプリ「ヘルプライトニング(Help Lightning)」を導入している業界とは

複合現実(MR)技術を使って開発された遠隔サポートアプリ「ヘルプライトニング(Help Lightning)は、すでに以下の様々な業界で採用されています。

  • 製造
  • 顧客サービス
  • 商用および産業用機器
  • エンジニアリング
  • 医療機器とヘルスケア
  • オフィス設備
  • 交通手段
  • エネルギーと石油とガス

多岐にわたる企業で遠隔サポートが積極的に導入されているのはなぜでしょうか。

ヘルプライトニング(Help Lightning)アプリがおすすめな理由

ヘルプライトニングを導入することで、企業は社内の人材と社員の時間を有効活用することができます。結果として、企業の収益性は良くなり、複数の事業を継続しやすくなっていきますし、新たな事業を始めやすくなります。

経験のある技術者が世界のどこにいても、サポートが必要なスタッフと共同作業をすることも可能です。顧客へのサポートサービスが向上していくため、顧客満足度(CS)もアップします。

 

ヘルプライトニング(Help Lightning)の活用事例20選

世界の現場でヘルプライトニングがどのように活用されているか見ていきましょう。

それぞれの活用事例の説明とともに、事例を活用できる業界やアプリを実際に使用するユーザー、そしてメリットについても説明していきます。

(活用事例を動画でもご覧になれます)

1:出張修理の現場スタッフのサポート

場でトラブルが起きた場合、最初に到着するスタッフはトラブルを解決する知識や経験を持っていないことがあります。

到着後に何をするかというと、トラブルの内容を把握し、更に熟練したスタッフを派遣してもらうよう要請することです。この方法では、時間と新たなスタッフを派遣する人件費がかかってしまいます。

ヘルプライトニングを活用するなら、経験のある技術者やエンジニアが現場にいるスタッフをサポートすることができます。

アプリを使って現場から送られてくる映像と社内のサポートスタッフの映像が合成(マージ)されるため、遠隔地にいたとしても共同作業をしているかのようにトラブルを解決できます。

★対象となる業界

サービス産業、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油

★想定されるユーザー

現場スタッフ、熟練した技術者やエンジニア

★メリット

初回修正率の向上、運用コストの削減、平均修理時間の短縮、人材と設備リソースの稼働時間を最大化。また、顧客満足度の向上、技術者の時間を効率的に使用、およびプロジェクトの早期完了

 


2.現場スタッフとの共同作業

遠隔地にいるスタッフと共同作業するためにもヘルプライトニングは役立ちます。

物理的に離れた場所での共同作業で問題になるのがコミュニケーションです。

通常のビデオ通話では声や映像は届くものの、作業手順や箇所を伝えるときには一方通行のコミュニケーションになってしまいがちです。ヘルプライトニングを使うなら映像が合成(マージ)されますから、相手の映像に指や道具を入り込ませて説明していけます。

正確な説明ができるので当事者の誤解を減らし、効率的にプロジェクトを行っていけるのです。

対象となる業界

サービス産業、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油

★想定されるユーザー

プロジェクトマネージャー、プロジェクトエンジニア、貿易専門家、フィールドサービス技術者、テクニカルサポート担当者。また、現場マネージャーと設置エンジニア

★メリット

ミスの減少、コラボレーションの合理化、テクノロジーの利用率の向上、従業員のストレス減少


3.お客様サポート コールセンター

顧客からの質問や、トラブルの問い合せに対応するお客様サポート。

いつも顧客は、迅速な対応と問題の解決を必要としています。電話口だけで顧客の抱えている問題を把握することは難しいですが、ヘルプライトニングを活用することで、問い合わせ内容やトラブルの全容を理解することができます。

たとえばwifiルーターの設置がうまく行かない顧客のお問い合わせの場合、ヘルプライトニングを使えば現在の設置状況を把握し、的確な解決策を提案できます。しかも顧客のルーターの上にサポートスタッフの手が入り込み、ケーブルをつなぐべきソケットの位置や、スイッチの場所を教えてあげられます。

★対象となる業界

家電量販店、家電メーカー、水道・ガス給湯器業者

★想定されるユーザー

テクニカルサービス、カスタマーサービス、カスタマーケア、カスタマーエクスペリエンス担当者

★メリット

問題解決までの時間の短縮、通話処理時間の短縮、生産性の向上、顧客満足度の向上


4.社内トレーニング

エンジニアのスキルアップに欠かせないのが、熟練した技術者からトレーニングを受けることです。

しかし多くの企業は経験のある技術者が退職してしまったため、技術や経験の引き継ぎがうまく行かないといった課題を抱えています。ヘルプライトニングを使用するのであれば課題を解決できます。

ベテラン技術者が社内にいなくても、たとえ技術者が海外にいたとしても研修や講習を行えます。映像が合成(マージ)されているため、研修生と講師が仮想的に立ち会って新たなスキルを指導していけます。

★対象となる業界

サービス産業、医療、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油

★想定されるユーザー

オンサイトエンジニア、インストールエキスパート、プロジェクトマネージャー、コンサルタント

★メリット

トレーニング時間の短縮、トレーニングコストの削減、研修講師の旅費を削減

 


5.機器の定期検査

現場を安全に運用していくには、定期的な機器の検査が欠かせません。

検査を行い続けることによって、機器の寿命が伸びますし、効率的な運用も行っていけます。ヘルプライトニングを使用すると、機器の検査や評価を高い精度で行えます。

リモートビジュアルアシスタンス技術により、現場にいる技術者と社内の技術者がダブルチェックをしながら正確な定期検査を実施できるのです。

気になる点があったときにはメーカーの担当者とヘルプライトニングを使って連絡し、現場の映像に入り込んで対処方法をレクチャーしてもらうこともできます。ヘルプライトニングであれば、メーカーの担当者が海外にいたとしても問題なくレクチャーしてもらえます。

★対象となる業界

サービス産業、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油

★想定されるユーザー

機器オペレーター、機器検査官、安全技術者

★メリット

現場の安全性の向上、メンテナンススケジュールの改善、機器修理のコストの削減、安全規制への準拠

 


6.安全監査

社内にある設備の安全監査はコストが掛かるものです。

監査の際には専門家や監査人が現場にいなければならないため、人件費やスケジューリングが問題になることがあります。

しかし職場の安全を確保するためや、法令遵守のためには必要なコストです。

ヘルプライトニングを使用するなら遠方にいる専門家や監査人が安全監査を高い精度で行なえます

統合されたビデオ画面を見ながら、基準を満たしていない箇所や問題が起きそうな箇所を的確に指摘できます。

  • 対象となる業界: サービス産業、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油
  • 想定されるユーザー: 安全検査官、機器オペレーター、機器検査官、および安全技術者
  • メリット: 現場の安全性の向上、安全規制の遵守、法令違反の罰金コストを削減

7.産業機器の顧客サービス

産業機器メーカー、サプライヤーは顧客サポートサービスのために多くのコストを費やしています。

業務用の冷凍庫やコピー機などのトラブルに対応するため、担当者をその都度現場へ派遣します。ヘルプライトニングを活用するなら、担当者は現場へ行かずにサポートサービスを行えます

問い合わせてきた顧客に対し、合成(マージ)された映像を共有しながらトラブルシューティングができるのです。ヘルプライトニングだけで問題が解決しない場合でも、担当者は問題を完全に把握した状態で現場に行けるため、1回の出張サービスだけで問題を解決できます。

  • 対象となる業界: 食品および飲料、サービス産業、専門サービス、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油
  • 想定されるユーザー: 産業機器の顧客、オフィスマネージャー、顧客サポートサービス担当者、営業担当者
  • メリット: 初回修正率が向上し、平均修復時間が短縮。ネットプロモータースコア(NPS)の向上、現場担当者の効率的な運用

8.医療機器のリモートトレーニング

コロナ渦では医療機器の対面トレーニングを行うことが難しくなっています。

しかし医療機器や手術器具のトレーニングにかかるコストや時間はパンデミック以前からあった課題です。医療機器は複雑で繊細なため、習熟するまでに何時間もの対面トレーニングが必要となります。

トレーニングを行う現場が遠隔地にある場合や、トレーナーが海外にいる場合などはトレーニングに必要な十分な時間を確保するのが難しくなりますし、コストも余分にかかってきます。

そこでヘルプライトニングを使用したリモートトレーニングの提案です。

トレーナーは現場にいる研修生に医療機器の使い方をリアルタイムで細かく説明でき、手術中に気をつけるべきことも現場を見ながら解説していけます。

  • 対象となる業界: 医療専門家、医療機器サプライヤー
  • 想定されるユーザー: 外科医、医師、看護師、研修医、医学生、手術器具のサプライヤーとメーカー担当者、手術技術者、手術器具の営業担当者
  • メリット: 効率的な機器販売プロセス、より速いトレーニング、医療現場に機器を迅速に導入できる。また、継続的なトレーニング実施による医療技術の向上

9.在宅患者へのオンライン診療

在宅患者へのオンライン診療の効率化は、各医療機関が取り組んでいるテーマです。

病院に行くことが難しい要介護者のオンライン診療のニーズも年々増加しています。

ヘルプライトニングを使用したオンライン診療によって、的確な医療指導を行え、自宅に設置されている医療機器が正しく使用されているか確認することができます。

遠隔サポートアプリを使うことにより、コロナ渦で感染リスクから患者と医療従事者を守れるメリットもあります。

  • 対象となる業界: 医療専門家、医療機器サプライヤー
  • 想定されるユーザー: 在宅医療補助器具、外科医、医師、看護師、研修医、医学生、患者、介護者
  • メリット: 訪問診療のコスト削減、収益の増加、ネットプロモータースコアの向上。また、患者とのコミュニケーションの質が向上。COVID-19の感染リスク低減。

10.効率的なオンライン・遠隔営業

営業の効率アップは、どの企業にも求められている課題です。

適切な根拠がなく、とりあえず飛び込み営業をするスタイルから抜けきれない担当者がいるかも知れません。

しかし遠隔サポートアプリを使用して、プロダクトのオンサイト研修を行うなら、顧客にプロダクトの特徴や導入メリットを前もって十分に説明できます。

オンサイト研修によって、顧客が抱えている課題や懸念を知ることもできるでしょう。

関心を示した顧客先を訪問するときには、何をプレゼンしたらよいか把握しているので営業の成功率はアップしていきます。

  • 対象となる業界: 産業機器サプライヤー、医療機器サプライヤー、テクノロジー企業
  • 想定されるユーザー: 産業機器の営業担当者、医療機器の営業担当者、外科医、医師、看護師、研修医、医学生、手術器具のサプライヤーと卸売業者、手術技術者
  • メリット: より高い成約率、より速い販売サイクル

11.生産ラインの最適化

生産ラインの最適化をすすめるのに、ヘルプライトニングは貢献します。

ラインに問題が発生すると、トラブルがあった箇所以降のライン、そして次の工程に影響が出てしまいます。

可能な限りスピーディに問題を解決するには、工場の技術者と開発部のエンジニアが協力すること、またはメーカーのエンジニアと協力することが欠かせません。

複合現実(MR)の遠隔サポートを使うことで問題の原因究明と解決を迅速に行えます

  • 対象となる業界: 産業用機器サプライヤー、自動車産業、食品工場
  • 想定されるユーザー: 研究開発エンジニア、工場エンジニア
  • メリット: 設備効率の向上、作業効率の向上、製品品質の向上

12.情報の共有

どんなビジネスにおいても情報の共有は生産性を向上させるカギです。

チームメンバーや同じ課の同僚たちとの間で、リアルタイムで情報を共有できるのであれば、誤解を防ぎ、プロジェクトを予定通りに進めていけます。

離れている場所にいるメンバーが、ヘルプライトニングの遠隔サポート機能を使いながら、いつでも現在の課題を共有し、対策を実行していけるのです。

医療研究や土壌調査の現場でも有効な機能です。

  • 対象となる業界: サービス産業、専門サービス、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油、環境サービス、医療機器
  • 想定されるユーザー: 現場のスタッフ、社内や研究所内のエンジニア、研究者
  • メリット: コミュニケーションの改善、より効果的な報告、より高速なワークフロー、より簡単なコラボレーション

13.リモートによる修理サポート

コロナ渦では緊急事態宣言が発令されたり、外出の自粛が要請されたりします。

出張修理サポートのためにスタッフを派遣するサービスを休止しなければいけないケースがあります。

複合現実(MR)による遠隔サポートアプリを活用するなら、スタッフは現場に行くことなく、顧客の家に入り問題を解決することが可能です。

  • 対象となる業界: 政府および民間の公益事業、出張修理サポートを行う事業者
  • 想定されるユーザー: 修理サポート担当者
  • メリット: 不要なディスパッチの回避、サービスの高速化、初回修正率の向上、ネットプロモータースコア(NPS)の向上

14.機器の設置サポート

機器の設置を行うのはメーカーの担当者ですが、担当者を現場に派遣するにはコストと時間が必要です。

ヘルプライトニングを使用すると、メーカーの担当者は合成(マージ)された映像を通して、顧客自らが設置できるようにサポートすることが可能です。

機器メーカーのコスト削減と、顧客が支払うサービス料の値下げを同時に達成します。

  • 対象となる業界: 製造、建設、エンジニアリング
  • 想定されるユーザー: プロジェクトエンジニア、サポートスタッフ
  • メリット: 不要なディスパッチを回避、顧客の使いやすさを向上、ネットプロモータースコア(NPS)を向上

15.リモートによる品質管理と検査

優れたプロダクトと生産し続けるには、品質保証(QA)と品質管理(QC)が欠かせません。

ヘルプライトニングを導入することで、高い品質を保つための、迅速で効率的な品質管理、または検査を行っていけます。

プロダクトの検査担当者はオンサイトで検査を行い、製造ラインのエラーやプロダクトの欠陥を素早く発見し解決できます。

  • 対象となる業界: 製造業
  • 想定されるユーザー: 品質保証マネージャー、品質保証エンジニア、安全スペシャリスト、監査人、検査官
  • メリット: 欠陥の発見と修正がより迅速になり、効率と生産性が向上。また、商品の品質が上がり顧客満足度が向上

16.計画的なシステムの定期メンテナンス

定期メンテナンスのために、システム全体をシャットダウンすることがあります。

いつまでもシステムを落としておくことができませんから、限られた時間で多くの作業をこなさなければなりません。

遠隔サポートアプリを活用するなら、メンテナンスチームはお互いの作業を映像で確認し、的確な指示を出しながら効率的に作業を終えられます。

  • 対象となる業界: 製造、建設、エンジニアリング
  • 想定されるユーザー: シャットダウンマネージャー、プランナー、プロジェクトエンジニア、シャットダウンコーディネーター、安全スペシャリスト、検査官
  • メリット: 効率的で費用効果の高いメンテナンスの実施

17.サプライヤーの品質管理

医療機器や産業機器のベンダー、代理店は扱うプロダクトが一定の品質を保っているかを常にチェックしなければなりません。

指定通りの材料やコンポーネントが使われているか、あらかじめ規制されている要件にかなっているかどうかを確認する必要があります。

ヘルプライトニングを使用することによって、ベンダーはサプライヤーの製造過程、生産ライン、技術スキルをリアルタイムで確認していけます。

  • 対象となる業界: 医療、製造、建設、エンジニアリング、食品および飲料
  • 想定されるユーザー: 調達スペシャリスト、サプライオフィサー、品質SV、サプライ品質エンジニア、サプライチェーンSV
  • メリット: 規制順守、一貫した生産スケジュール、効率的な検証の実

18.工場の検収試験(FAT)

工場の検収試験(FAT)はベンダーの施設で実施され、現場に製造業者の担当者、納品する顧客が集まって研修作業が進められます。

もし誰かが参加できなくなると、リスケジュールとなり、納品が遅れることがあります。スケジュールが遅れれば遅れるほど、関係する業者のコストがかさんでいきます。

ヘルプライトニングを使った工場の検収試験(FAT)をすることで、時間とコストを節約できます。

関係者が同じ現場にいなくても合成(マージ)された映像とエンゲージ機能を活用し、リアルタイムで調整や変更を行えます。納品前に必要な箇所を修正して、顧客が望む品質と設定でプロダクトが納品されます。さらに遠隔サポートアプリを使った納品前の講習も行えます。納品前に顧客が新しい製品の操作に習熟できるよう、トレーニングを効果的に行っていけるのです。

  • 対象となる業界: 医療、製造、建設、エンジニアリング、食品および飲料
  • 想定されるユーザー: プロジェクトマネージャー、オペレーター、プラントエンジニア、保守担当者
  • メリット: より速い出荷、時間通りの納品、正確な注文仕様の設定、起動までの期間の短縮

19.工場設備の設置

工場の新設や増設、また新たな設備を設置する際、計画通りにプロジェクトを進めていくのは簡単ではありません。

機械設備や電気系統の設備を設置するたびに現場へ専門スタッフを派遣する必要があります。必要な人材が確保できないことや、トラブルが起きたために複数回スタッフを派遣しなければいけないことによって、計画に遅れが出たりコストがかさんだりします。

ヘルプライトニングの導入によって、スピーディで効率的な工場設置が可能になります。

経験のある技術者が遠隔地から現場のスタッフへ的確な指示を送れますし、トラブルの対処法を映像を合成(マージ)させながらレクチャーできます。遠隔地のエンジニアから支持してもらいながら安全確認や動作テストを実施することも可能です。使用するタブレットやスマートフォンを、スタンドやホルダーに固定させれば現場のスタッフはハンズフリーで作業ができます。

  • 対象となる業界: 製造、建設、エンジニアリング
  • 想定されるユーザー: プロジェクトエンジニア、プロジェクトマネージャー、監督者、プラント/工場マネージャー、設置担当者、設計エンジニア、工場オーナー、運用および保守担当者
  • メリット: プロジェクトのタイムラインの迅速化、リスクの軽減、プロジェクトコストの削減、効果的な調達と資材管理。また、設備の変更注文と設置ミスの削減、正確な資材購入、およびグローバル標準への準拠。

20.リアルタイムのトラブルシューティング

最後に紹介する事例は、様々な現場で日々起きるトラブルに関係するものです。

どんなに気をつけていても、現場では問題が発生します。

安全上の問題や、プロダクトの間違った使用、誤解、下請け業者の手抜き作業、機器の故障などのトラブルです。トラブルシューティングに避ける人材が限られているので、問題解決までに時間がかかったり、一度の派遣では問題が解決しなかったりすることがあります。

ヘルプライトニングを使用するなら合成(マージ)された映像と3Dアノテーションによって専門家は問題を正確に把握できます。

そして現場にいる顧客やスタッフに的確なトラブルシューティングのためのサポートや指示を出せます。リアルタイムで対応できるのでスピーディに問題解決できるのです。

  • 対象となる業界: サービス産業、製造、エンジニアリング、建設、グリーンエネルギー、ガスおよび石油
  • 想定されるユーザー: プロジェクトマネージャー、現場責任者、エンジニア、貿易スペシャリスト、プロダクトユーザー
  • メリット: 初回修正率の向上、運用コストの削減、平均修理時間の短縮、顧客満足度の向上。また、技術者の稼働時間を効率化、プロジェクトの完遂能力の向上

複合現実(MR)による遠隔サポートはセキュリティが弱いって本当?

複合現実(MR)による遠隔サポートの導入を検討する際、セキュリティが弱いのではないかと心配になるかもしれません。

「自社の機密データが漏れてしまわないか不安」、「エンドユーザーが遠隔サポートは怖いと言っている」といった点が心配になることがあります。

ヘルプライトニングは、広範なセキュリティコンプライアンス体制を提供しているので安心してください。

サーバーのセキュリティは、最新のセキュリティパッチがリリース時にインストールされる堅牢な Linux サーバー上で動作しています。

ネットワークセキュリティも万全な体制になっています。

ヘルプライトニングの実稼働環境は、プライベート AWS VPC 内に展開されており、複層から成るセキュリティレベルおよび監査システムにより、安全なネットワークインフラストラクチャ確保に万全を期しているので安心です。

エンドユーザーとのトラフィックはすべて(モバイル、デスクトップ、API)、SSL  /  TLS を介して暗号化されます。

セキュリティに付いてさらに詳しく知りたい場合、ヘルプライトニングの正規代理店CBAへお気軽に相談してください。

最後に

複合現実(MR)による遠隔サポートアプリのおすすめはヘルプライトニング(Help Lightning)です。

世界中の様々な業界で導入が進んでおり、製造や医療などの現場で活用が始まっています。

この記事で紹介した20の活用事例以外にもヘルプライトニングの使用方法はあります。

気になった方はヘルプライトニングの資料をダウンロードしてご覧になってください。

「リソースの効率的な運用がしたい」、「コスト削減をしたい」、「顧客満足度(CS)を向上させたい」、と思っておられるのであれば、ヘルプライトニングがお手伝いできるかもしれません。

お問い合わせやご相談はヘルプライトニング公式サイトよりお寄せください

helplightning