クラウド環境の選択肢ーパブリック?プライベート?それともハイブリッド?

Posted by: 谷 和彦

cloud_business

クラウドがCAPEX(資本支出)やOPEX(運営コスト)の軽減にとどまらず、ダウンタイムや拡張性に関する悩みを減らしてくれることは明らかです。そして、クラウドによりオペレーターの生産性や顧客満足度も向上することが期待されています。

しかし、クラウドが実際にどのように動作するのか、まだ不明な点があることでしょう。そこで、このテクノロジーについてもう少し掘り下げてみることにしましょう。選ぶにあたり、注目することのできる3種類のクラウド展開モデルがあります。パブリック、プライベート、ハイブリッドです。

 

パブリッククラウドとは

パブリッククラウド環境について覚えておくべき最も重要なポイントは、同じインフラストラクチャを他の企業と共有するということです。パブリッククラウドサービスは一般的に安価に使用できますが、重い作業負荷や最大限のパフォーマンスを得るために必要なリソースやサポートが不足している可能性があります。

 

プライベートクラウドとは

もし、より実践的なアプローチやより優れたデータ管理を探しているなら、プライベートクラウド環境がその答えとなります。プライベートクラウド設定の展開により、パブリッククラウド同様の利便性を得ることができ、望むならマルチテナントを配置することも可能です。しかし、社内で展開されるため、自社のチームで管理することになり、リソースが大きくなる可能性があります。設備を準備する必要が生じ、自社チームがシステムの維持管理に責任を持つことになります。

 

ハイブリッドクラウドとは

多くの企業は、ハイブリッド展開による運営を選んでいます。これは基本的に、パブリッククラウドとプライベートクラウドを混合したものです。ハイブリッド設定では、オンサイトクラウド環境のプライベートクラウドを使用しますが、特定のプロセスについては、クラウドプロバイダを活用します。この構成により、より簡単でコスト効率のよい見積もりが可能になり、データ管理のオプションが増えます。

さて、御社に最適なクラウド環境の選択肢はどれでしょう?-パブリック?プライベート?それともハイブリッド?

この記事は役に立ちましたか?
いいね!をしてFacebookから最新情報を受け取れます。

Twitterでフォロー

メールで通知を受けとる

更新情報を受け取る

SNSでフォローして更新情報を受け取る

人気記事