コールセンターで便利なフリーウェア・シェアウェア【2】- "Clibor"で楽々コピー&ペースト

Posted by: 堂園

Disclaimer:

・コールセンターで便利に利用できるツールをご紹介しておりますが、弊社が開発元ではございません。ソフトウェアに関するご質問等は各開発元にご連絡を取っていただくようお願いいたします。

・コールセンターごとに運営ポリシーが異なるため、拠点によっては使用が禁止されているかもしれません。ご利用の際には拠点の情報システム部などにご相談の上、インストールされるようお勧めいたします。

・弊社ではコールセンター機器・電話システムの構築・開発などを手がけております。こういったことが業務として可能か、といったご相談はどうぞお気軽にコミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA)までご相談ください。

 

クリックボード履歴ソフト Clibor

 コールセンター、コンタクトセンターの業務は、「頭を使い、手を動かし、話し続ける」仕事です。お客様の質問に答え、案内し、機転を働かせ、おもてなしの心で日々さらに良い応対を、と努力している素晴らしいオペレータにわたしたちは感謝しています。

 オペレータの作業の中でも特に重要なのが、「後処理時の記録を残す」作業です。時にはさまざまなWebページの内容を参照し、あとでその内容をコピー&ペーストで残す煩雑な作業を通話ごとにする必要があるかもしれません。文字入力の効率をアップさせるために今回ご紹介するのは、Amunsさんが開発されている、クリップボード履歴記録ソフトの「Clibor」です。(クリップボードの履歴を残すフリーウェアはたくさん公開されていますので、自分で色々試していちばん自分に合うものを探すこともできると思いますが、今回はVectorというサイトでクリップボード部門1位になっているこちらのソフトをご紹介いたします。)

Clibor

https://www.amunsnet.com/soft.html

「シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。

Cliborはフリーソフトです。初級者から上級者まで、PCに必ずインストールしたいアプリの一つです。

おかげさまで2018年2月現在、CliborのVector累計ダウンロード数が377,000本を突破いたしました!
お使いいただきありがとうございます。」(引用です。)

Cliborはフリーソフトだそうですが、上記のページから応援・寄付もできるというソフトウェアです。

 このソフトを使うと、「Ctrlキーとcキーでコピーする」たびに「コピーした内容の履歴一覧」にためておくことができます。そして、「Ctrlキーとvキーで貼り付ける」時に、どの過去のデータを貼り付けるのかを選択できるようになります。コールセンター業務であれば、「コピーと貼り付け動作を効率化できる。そして今日1日のコピー内容をこのソフトに残しておけるので、なくならずにあとから参照できるという安心感も嬉しい」ソフトだと言うことができます。

使い方:

1)下記のページからソフトをダウンロードする。「Vectorのダウンロードページへリンクします」か、「窓の杜のダウンロードページへリンクします」のどちらかを押して、そのページからダウンロードすることができます。(どちらからダウンロードしても内容は同じです。)

https://www.amunsnet.com/down.html

2)ZIPファイルになっていますので中身を展開し、その中にある Clibor.exe をダブルクリックするとソフトウェアが起動します。

詳しくは下記の作者のホームページをご覧ください。

https://www.amunsnet.com/soft/clb02.html

3)このままでは、PCをシャットダウンすると次回は自動的に立ち上がりません。「スタートアップへ登録」というボタンを押しておきましょう。

https://www.amunsnet.com/soft/clb02.html#2

 毎日のタイピング動作を減らして作業を効率的にこなせるようになると、手と腕への負担が減り、腱鞘炎にならずにすむかもしれません。コールセンターでのお仕事を応援しています!電話システムそのものの改善、リプレース、コールセンターで使用する各種ツールのご相談については、CBA(コミュニケーションビジネスアヴェニュー)までお気軽にご連絡ください。

 

CBAが自信を持っておすすめするPBX製品

(導入から立ち上げ、毎日の運営365日サポートまでおこたえしています。) 

・今、話題の最新式オムニチャンネルコンタクトセンター「ブライトパターン」については:

 https://brightpattern.info/

・安価に即席コールセンターを設置するのに最適などこでもコールセンターソリューション「CBA Cloud PBX」については:

    https://cba-japan.com/cba-cloud-pbx/

・かなり特殊な要件やカスタマイズにも対応できる、枯れたシステムをお望みであれば:

 https://cba-japan.com/trixbox-pro/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
いいね!をしてFacebookから最新情報を受け取れます。

Twitterでフォロー

メールで通知を受けとる

更新情報を受け取る

SNSでフォローして更新情報を受け取る

人気記事